HOME>記事一覧>少しでも借金返済に努めるために必要なパターンを探すべき

借金返済が出来なくなった時

東京に住むながら借金返済が出来なくなったからと言って、夜逃げする時代ではなくなりました。国が定めた債務整理を利用することで、返済金額が少なくなったり、返済金額がゼロになる方法も考えられます。ですがこれらの方法には必ずデメリットも付いて来ることを承知することが必要で、キチンとした知識を持っての債務整理をお勧めします。債務整理でもっともポピュラーなものが、任意整理と言われるもので直接債権者と交渉することで、金利などを少なくしてもらう方法です。

個人再生と言う方法

東京で行う債務整理の方法では、個人再生があります。これは債務の一部を免除してもらい、残りの金額を5年間で返済して行く方法です。住宅やマイカーなどを処分することなく済むことが大きな利点となりますが、返済額も大きく残ることになり返済に追われることになりかねません。

自己破産と言う方法

そして東京で行う債務整理の中で一番厳しい結果になるのが、自己破産です。この方法を選ぶ場合、裁判の手続きを得ることになり、債務者が持つ財産は全て処分することになります。処分する財産とは生活に必要とされるも以外全てと言うことで、住宅やマイカー、贅沢品などが相当します。

信用情報に載ってしまう

東京で債務整理を行った時には、全て信用情報に登録されることになります。そのため一定の期間は、銀行からの融資を受けることやクレジットカードなども発行されることが出来なくなります。これらの期間は短い人でも5年間、長い人では10年間と言う声も聞こえて来ます。

広告募集中